本物の温泉でーす。

活動日記
<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
こんな風に貯めます。

富士の苑の浴槽温泉は、毎日、毎日、365日、お湯を入れ替えます。
毎日、お湯を抜き、浴槽のごみを全て洗い流します。毎日きれいな温泉です。浴槽もぬるっとしないよう清掃は徹底。
翌日の朝、お泊り様の御入浴に合わせ、どーんと一気風呂でお湯を貯めていきます。
ご覧のとおり浴場内は湯気で満たされて、温泉の香りでいっぱいです。
温泉好きの方にはたまらない一時です。
今からの時期はこの一気風呂に入ると最高です。普段はあまり温泉には入らない私でも今からの時期よく入るようになります。
f0162493_1892745.jpg

毎日営業終了後、浴槽のお湯は完全排水し、きれいに洗い流します。なのでごみの浮遊もなくなります
f0162493_189376.jpg

もちろん露天風呂も完全排水します
f0162493_1894851.jpg

一気風呂です。 新しいお湯を一気に貯めていきます。浴場内は湯気でいっぱいです。この時が最高なんです。こんな風呂他ではなかなか味わえないかも
[PR]
by fujinoen | 2010-10-23 18:15 | 富士の苑の温泉
足湯
10月23日(土) 晴れ 気温26度
本日は、足湯です。
三宅の隣の校区、野多目校区のウォークラリー大会。当店駐車場がスタート、ゴールとなります。
今日は、天気もよく気温も高く26度ぐらい。ちょと動くと汗ばむくらいです。
参加者は80名ほどでしょうか、駐車場で参加要領の説明後、いよいよスタートです。那珂川の河川敷を①3キロコースと②5キロコースと分かれてウォーキングです。数十分後ゴールの後は、いよいよ我々の出番です。
疲れた足を癒してもらう為足湯に入ってもらいました。駐車場敷地内より自噴する第3泉源の温泉を利用します。掛け流しの足湯で皆さんに喜んでもらいました。
足湯の浴槽は、ブルーシートを利用した即席の湯船です。出張足湯のときは立派材木の湯船を使用しますよ。
f0162493_17462572.jpg

f0162493_1746375.jpg

f0162493_17464715.jpg

[PR]
by fujinoen | 2010-10-23 17:49 | 博多温泉組合
宮崎 青島
10月10日(日) 宮崎の天気は雲ひとつない超快晴です。気温は半袖でOK 27度超はあります。
陸路宮崎を目指し、300キロの道のりです。朝の間少しく曇っていましたが南に行くにつれてどんどん天気は良くなっていきます。高速道路をひたすら南下。
いくつものトンネルを過ぎると広大なえびの高原。宮崎までもう少し。
今日は、高速道路は、バイク(ハーレー)だらけです。昨日から宮崎でキャンプミーティングがあっているせいです。どこのサービスエリアによってもバイク、バイク、バイクだらけです。
我々は、別の目的地宮崎県青島です。約4時間をかけ青島に到着。到着の頃には、気温が一気に上昇してるみたいで、やっぱ宮崎は南国ですねー。マンゴーやら、パイナップルやら南の国の食べ物がたくさんです。
宮崎の青い海、青い空、からっとした空気、何もかも新鮮です。でも夏は暑そうです。
f0162493_2021462.jpg

青島の海。サーファーがかなりいます。奥のほうはシーガイヤ方面です。
f0162493_2023675.jpg

雲ひとつない青空。こんな青空久しぶりです。秋の空ですね
f0162493_2025297.jpg

青島の鳥居です。
f0162493_2031445.jpg

昼食は鬼扇にて。店内は満席です。巨人軍の選手もキャンプのときでしょうか かなり有名人見えています。
f0162493_2041474.jpg

冷汁定食にチキン南蛮のおかず単品。 刺身はgoodです。冷やし味噌汁をご飯にぶっ掛け、チキン南蛮もかなりおいしー 欲張ってしまいかなりの食事の量です。カロリーオーバーです。満足まんぞく
[PR]
by fujinoen | 2010-10-10 20:14 | ハーレーダビッドソン
ちょっと寄り道
11月6日(水) いい天気です。 気温は26度くらいでしょうか。
今日は、早良区方面に用事があったのでちょっと寄り道をしてみます。早良区脇山より山道に入り、福岡県と佐賀県の県境にある板屋峠を走ってみます。道は基本広くはなく大型バスなどはちょっと通行は厳しいです。なぜ寄り道かというと、ここには以前気になる旅館がありましたが今はどうなっているのかと思っていたのと、今日から三宅小学校の5年生が背振少年の家で2泊3日の自然学習なので、どんなとこか気になっての寄り道です。気になっていた旅館は建物もなくなっていました。背振少年の家とは、自分が小学生のときに行ったところだろうか?かすかな30年前の記憶を呼び起こしながら・・・かなり走行すると到着です。自動車で行く場合は、那珂川町より南畑を通り、佐賀橋から入ったほうが断然行きやすそうです。大型バスもこちらからしか無理みたいです。
立派な入り口玄関で、大きな看板。歴史を感じます。施設内には大きな宿泊施設があるようです。施設内はもちろん利用者以外立ち入り禁止。施設内をうかがい知ることは出来ません。ちらっと子供たちが移動している様子が遠くから見えた程度です。私の記憶の中にはこの施設は全くなく、近くにある川沿いのキャンプ場がどうも行ったことのあるところのようでした。
帰りは、佐賀橋方面へ抜け、南畑ダム側道385号線を下ります。
f0162493_23283697.jpg

背振少年の家入り口
f0162493_23284985.jpg

入り口よりこの坂道を上がると宿泊施設があるようです。
f0162493_232912.jpg

隣には牧場。門は閉まっており入場できません。もうもうランドとは雰囲気が違います。
f0162493_23291280.jpg

玄関より坂道が施設内続きます。
f0162493_23292371.jpg

背振ダム建設現場。橋脚がいたるところに建設中。ダム本体工事はまだのようです。
f0162493_23293453.jpg

南畑ダム。幼い頃、夜中に父と来たときの怖い思い出が、ここを通ると必ず思い出されます。
[PR]
by fujinoen | 2010-10-07 23:48 | 日常の仕事


by fujinoen
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧